2019/11/27 – Telefon Tel Aviv最高・・・

Headless Horseman at Bi Nuu

Published - Category - Event Report
Elektronの機材を使用したライブの達人であるHeadless Horseman先生のライブを聴きに。Bi NuuというクラブはTresorの通りをずっと進んだところにあり、これまたベルリン特有の、「え?ここクラブ?」的なエントランスでテンションが上がる。



え?高架下?このガタガタに並んだ衝立は・・・?





入場すると以前から聴きたかったKwartzのDJが始まっていて、想像以上によく満足。四つ打ちのキックでも重さに変化が合って飽きないDJだった。

Bi Nuuは普段ライブハウスとして使用されているっぽくて、大きなステージがあったがDJはその下のブースでプレイしていた。なのでHeadless Horsemanの機材も丸見えで、しかもなんと真横で操作している様をじっくり観察できた。ほかの客から見たら「なんだあのアジア人見すぎじゃね・・・通ぶってウザいな・・・」と思われてたかもしれなかったが、そんなことはどうでもよく、この機会を逃すことはできなかった。Headless Horsemanのライブの特徴として、フェーダーを一気に差し替える動作が気になっていたのだが、今回で大体何をやっているか掴めた。あと機材もがっつり見ることができて、リズム音にアナログ機材を使用していなかった。以前のセットもデジタルで用意していてマジか?と思っていたが、今回真横ではっきり見てショックだった。あとめっちゃスモークが凄すぎて煙まみれになってるのが面白かった。



この距離である。先生、勉強になります。





Headless Horsemanのライブを一通りじっくり見て、自分のライブは攻めすぎなのかとか考えた。でも、AtomTMやSurgeonのインタビューを読んだり、ほかのアーティストのセットアップの変化などを見ていると、ビッグになって責任が増す上にライブをこなす量が増えると、ある程度の安定は必然なんだなと納得した。自分はまだ冒険する余地が許されている状況を楽しもうと思う。といっても毎回手を抜いているわけではなく全力で準備しているのだけれども。

ラストのDJはVSKだったが、疲れもあって1曲聴いて帰宅。VSK SeriesのSeriesって何?



【イベント名】
Disconnekt

【会場】
Bi Nuu – Im U-Bhf. Schlesisches Tor 10997 Berlin Germany

【開催日】
2019年12月7日(日) 23:59 – 10:00

【出演者】
Headless Horseman (live)
Kwartz
VSK
Michal Jablonski (live)
Flavia Laus
Hannah Addams

【イベントURL】
https://www.residentadvisor.net/events/1330207