2019/11/27 – Telefon Tel Aviv最高・・・ Telefon Tel Aviv最高・・・ Telefon Tel Aviv最高・・・

2019/11/26 – 最近PCで作業しすぎているので、自律神経に聴くハーブティーなどオーガニックなものをトライしたい。

2019/10/26 – SOUNDSの波形表示はpreloadをオフにできなかったのでやめました。

M.E.S.H. at C/O Berlin

Published - Category - Event Report
2019年11月14日に、C/O Berlinという会場にM.E.S.H.を聴きに行ってきた。日本で2回ほどDJは聴いたことがあり、毎回その素晴らしいミックステクニックに度肝を抜かれていたので、今回も非常に楽しみにしていた。彼はDJだけでなく、トラックのクオリティも非常に高く、ひとつのループの中にも様々なパターンを作りこむセンスが凄い。展開に加えて、クラブミュージックでありながら音の配置も立体的で、ホームリスニングでも十分に楽しめる内容になっている。



M.E.S.H. – Thorium





会場は、普段はギャラリーとして使用されている空間で、いつも通っているようなベルリンのクラブとは違い、明るく品のある作りになっていた。イベントの内容もPANのショーケースという事だったので、来ている客もアート色の強い上品な方が多い印象。

クラブに行くと話しかけられる事が多く、今回も数人に関心を持たれた。しかもみんな日本人だとわかって話しかけてきている。ベルリンの人はアジア人の見分け能力が高い。そして毎回日本のどこから来てるかと質問されて、東京だと言うとグレイトみたいになる。たしかにベルリンに滞在している状態から日本を見ると、遠く離れたアジアの島国で大きく産業が発展しているのはとても非現実的で、サイバティックなイメージがあって、ロマンに溢れているのだろうなと思う。



会場の写真の一部。ベルリンのイベントでは珍しくスクリーンが用意されていた。





M.E.S.H.の出演は最後だったのだが、タイムテーブルはオンライン上で公開されておらず、会場にも貼っていなかったため待ち時間が長かった。しかし、間の出演者も非常にいい演奏をしていて、通して楽しめるイベントになっていた。特に、Beatrice Dillonのライブが面白く、音数の少ないタイトなビートに、Maek Fellのようなメロディ音をリズミカルに程よく配置していて、上品な大人のテクノであった。



Beatrice Dillon – Workaround Two





暫く演奏を聴いていて、休憩がてらタバコを吸おうと外に出ようとして振り返ると、背後になんとM.E.S.H.が彼の友人といて、驚きのあまり話しかけると「ちょうどいま日本の話をしてたところなんだよ。」と気軽に会話に参加させてくれた。いままで質問したかった事や感想などを伝える事ができて、とても貴重な機会になった。

そうこうしているうちにM.E.S.H.のDJが始まり、やはり期待通り素晴らしいプレイ内容だった。日本にいる時はトラップのようなアブストラクトなビートの間にハードな四つ打ちを挟んだり、エクスペリメンタルな音をミックスしている印象だったが、今回は珍しくバンドものや歌物のポップスなどもミックスしていて驚きだった。それがただチャラいだけの音になるわけでなく、しっかりとしたビートの音源とミックスしてあるため、聴きごたえは抜群で、2時間のセットは全く飽きずに、すぐ終わってしまった。ここ最近、ベルリンのクラブシーンの四つ打ちてんこ盛り状況に飽きていたので、この四つ打ち大国とは言えども、やはり期待を超えてくれるプレイに感激した。



プレイヤーの卓。イベント終了後の状態。









【イベント名】
PAN – Open Spaces

【会場】
C/O Berlin – Hardenbergstr. 22-24, 10623 Berlin

【開催日】
2019年11月14日(木) 22:00 – 03:00

【出演者】
Beatrice Dillon
Steven Warwick
M.E.S.H.
Bill Kouligas
Pan Daijing

【イベントURL】
https://www.co-berlin.org/en/pan-open-spaces